UVERworld『TYCOON』が熱い。

UVERworldの最新アルバム『TYCOON』が2017年8月に発売されました。

UVERworldと言えば「D-tecnoLife」や「SHAMROCK」に代表されるロックなイメージでしょう。

メロディセンスが良く、とても耳なじみの良いロックでポップな楽曲が得意。

もちろん今作もロックが根幹にはありますが、前作までとは明らかに違います。

もう、全然違うんですよ。

一番の違いは歌詞から伝わるメッセージ性です。

例えば「PRAYING RUN」という曲が収録されています。

これはボーカルのTAKUYA∞が日課であるランニング中に考えていることを歌詞としています。

「周りからは強い人に見られるけど、決してそんなことはないんだ」

「何もわからない中で、がむしゃらに走って掴み取って来たんだ」

そんな熱いメッセージと、間違った理解をされてしまう孤独感が伝わってくる曲です。

目立たせる楽器を歌詞によって超えることで、強弱をや気持ちを上手く表現しています。

「分かりやすいロック」とは一線を画すものです。

また、「LONE WOLF」という曲はファンひとりひとりへ向けた熱いメッセージソングです。

ともに戦ってくれるファンへの絆を確かめるような歌詞が特徴。

アルバム全体を通して、リスナーにより深く刺さるような曲が揃えられています。

きっと初めてUVERworldを聴くという方にも、共感できる曲があるのではないでしょうか。

巷に溢れるロックナンバーに飽きてしまったというコアな音楽ファンにもおすすめの1枚です。