toe 『For Long Tomorrow』

このアルバムは2009年にリリースされたアルバムです。
それまでのtoeとは一味違いゲストヴォーカルとしてクラムボンの原田郁子や、土岐麻子などをフューチャーしており、更にキーボードやホワイトノイズなども入っていて、
今までのシンプルな構成から、音数が足されている印象があります。
しかし、声が入っているとはいえ歌が入っているというよりは、「声」という楽器を新たに手に入れたというニュアンスに近いように思えます。
あくまで、toeというバンドはインストバンドであり、それに対するアイデンティティはしっかりと持って新たな試みをしているということを感じます。
個人的にこのアルバムの中で好きな曲は、『エソテリック』です。
この曲は、『For Long Tomorrow』というアルバムを通して一番攻撃的な曲で、それまでのtoeの曲の中でも1,2番目を争う激しさの曲ではないかと思います。
ギターのフェードバックから曲がスタートしてイントロからドラムが爆発的な手数を見せます。
そして、このアルバム自体どこか夜明けに向かう一つの物語のような曲順になっていますが、その物語での一つのアクセントになっていると思います。
リード曲の『グッドバイ』も素晴らしい曲です。
どこか夢の中での出会い、そして別れを描いているようなドラマチックな一曲。
今までの土岐麻子のイメージにはあまりない曲調だったのですが、是非このようなアンビエントな雰囲気の曲で歌っているところも聴いてみたいと思います。
夜に聴きたくなる一枚です。