ジャズ界の帝王、マイルス・デイヴィスの1枚「カインド・オブ・ブルー」

1959年発売。

参加メンバー マイルス・ディヴィス(トランペット)、

ジョン・コルトレーン(テナーサックス)、

キャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)、

ビル・エヴァンス(ピアノ)、

ウィントン・ケリー(ピアノ)、

ポール・チェンバース(ウッドベース)、

ジミー・コブ(ドラム)

収録曲

1曲目、ソー・ホワット

2曲目、フレディ・フリーローダー

3曲目、ブルー・イン・グリーン

4曲目、オール・ブルース

5曲目、フラメンコ・スケッチ

ジャズを知らない人でも、名前くらいは聞いたことのある「マイルス・ディヴィス」の「カインド・オブ・ブルー」というアルバムを紹介します。

このアルバムは、全世界で1000万枚以上売り上げ、現在でも売れ続けている、ジャズ界最大のヒット作といって良いアルバムです。

ジャズ的なめんどくさい話をすれば、参加メンバーが豪華。殆どの人が、自分のリーダーアルバムを持っていて、それがまた人気で売れている。

このアルバムは、ジャズを「モード旋法」という方法で、解釈しなおして作られたアルバムで、1959年としてはセンセーショナルだった。

ということになるのですが、一般的に聴いた印象を言えば、静かな曲が多く、馴染みやすいメロディが多く、休日にゆっくりティータイムには、良いお供になります。

ジャズは楽しい、賑やかな一面もありますが、この「カインド・オブ・ブルー」のように、静かにじっくり聞くジャズも多数存在します。

このアルバムは、聴けば聴くほど、メロディーの良さや、グルーブ(ノリ)の上品さが身体に染みてきて、もっと聴きたくなる、ちょっとした中毒性があります。

ジャズの敷居は高くありません。要は、あなたが気に入るかどうかです。

今回は、有名人「マイルス・ディヴィス」のヒット作をご紹介しました。