Perfume 『JPN』

このアルバムは2011年にリリースされたものですが、今でも、ヘビーローテーションで聴いている大好きな一枚です。
当時氷結のCMでも使われていた『レーザービーム』、『微かなカオリ』をはじめとして様々なヒットソングが収録されています。
全体を通して、高めの楽曲が多く、中田ヤスタカ節全開の重低音バキバキな格好いい楽曲が揃っています。
しかし、ただの恰好いい楽曲だけで終わらず、しっかりとセールスを上げられるアルバムであるということがこのアルバムの凄いところなのですが、あ~ちゃん、のっち、かしゆかの三人のキュートな歌声が重低音バキバキなトラックになることによって、日本の音楽シーンに適応したポップミュージックとして昇華されているのです。
『レーザービーム』にしても、『ねぇ』にしても、バキバキなTheテクノサウンドとメンバー三人の歌声のケミストリーにより、可愛くもあり格好いい曲に仕上がっているのです。
また、このアルバムはそれ以前の曲に比べて、三人の声の混ざり具合がとても気持ちいいものとなっています。
その理由として自分が考えるのは、三人の声にそれぞれの個性が出てきて、それぞれの声がそれぞれに対してアクセントになっているからだと思います。
また、これらの曲はMVも併せて是非とも視聴してもらいたいと思います。
踊りの上手さ、キュートさもPerfumeの魅力の一つで、CDを聴くだけでは分からないであろう、Perfumeの魅力に気が付くことができるのではないでしょうか。