重力と呼吸 / Mr.Children

本アルバムが前回のアルバムから3年4ヶ月ぶりの最新作になります。

今回も小林武史はプロヂューサーとしては入っておらず、Mr.Childrenのメンバーが中心になって作成されたアルバムだ。そう言う意味では前回のアルバム同様にキーボードが入った印象が薄くなり、よりロック色の濃いバンドサウンドにな理ました。

しかし、デビューからそうだが小林武史+桜井和寿中心に作成された楽曲こそがMr.Childrenであると言える部分もあり、アルバムの比較で言うと『Supermarket Fantasy』が一番、小林武史色が出ていたアルバムかも知れません。そこは好みですが、それぞれのアルバムのカラー、それぞれがMr.Childrenと言えると思います。

今回のアルバムは特にドラムの音の録り方がこれまでのアルバムと異なっています。LIVE演奏のような生のサウンドに近い演奏が楽しめます。そのドラムの音が各曲の「ノリ」を作り出しています。それによって、各曲が「4人が力を合わせて、演奏して作ってるんだな」と思わせる一曲一曲になっています。

シングルカットされた曲で映画のサントラとしても使われている『here comes my love』は名曲の一つになった。このロッカ・バラードでは、これまでのMr.Childrenの曲ではなかった「間奏」でのリード・ギターがうねっていて、驚かされました。

一歩一歩アルバム毎に進化してるMr.Childrenを感じられるアルバムに仕上がっていました。