売る気があるのかと最初は憤りすら感じたけど…噛めば噛むほど味が出るアルバムCD

最近のイチオシはフィフスハーモニーのアルバム『FIFTH HARMONY』です。

フィフスハーモニーはアメリカの5人組ガールズグループとしてデビューし、これまでに2枚のアルバムを出していましたが、先日人気NO1メンバーのカミラが脱退しました。今作はカミラ脱退後、4人での初めてのアルバムとなります。

1度耳にしただけで記憶に残るようなキャッチーなリード曲がないことや、低予算でイマイチ魅力に欠けるMVなど、酷評されることも少なくない今作ですが、じっくり聴いてみるとこれがなかなか良いアルバムなんです。

確かに上記にあるような今作の欠点は私も感じていましたので、酷評する側の気持ちもわからないでもないんです。むしろ、本気で売る気があるのかと当初は憤りすら感じたくらいです。

しかし、これまでの2枚はカミラを中心とした楽曲でティーン向けの要素が強かったのですが、今作ではグッと大人っぽい楽曲にシフトチェンジされていて、ティーン以外の層にも聴きやすいアルバムになっています。

キレイなハモりで聴かせてくれる部分が増えたのも嬉しいところです。

パート割りも以前より平等に割り振られるようになっていて、特に歌唱力があるのにソロパートが少なめだったダイナ、アリーのパートが増えたのが個人的には良かったです。

ただ平等にパートを振っているだけというわけではなく、4人それぞれの声質・音域に合ったパートを上手く振ってくれていて、それぞれの個性を生かしながらもまとまりのあるものになっていると思います。

キャッチーな曲はありませんが、聴けば聴くほど味がでるスルメ曲ばかりなので、酷評している人もそうでない人も、ぜひ3回は聴いてみて欲しいアルバムです。

沢山聞いたら買取業者に売ってリサイクルしましょう。
CD買取|おすすめ買取比較.net