嵐の明日

1.風の中の火のように 名前がある人間というものが、実は歌の世界にはいない。農家で家畜と同じじゃねぇか!おかしいじゃねぇか!とリンチがよく起きるが、何か大切にしていたものという尺度は理解されない。嫌い抜いた勢いばかりのバンドだ。アイドルに嫌い抜かれ生きていけないものか?発売当時話題になった。 2.落下する月 美しいメロディラインだ。風や草の波間をたゆたうものは、月や涙か?月明かりに照らし出されるものは?それを愛と述べるなかれ。傾くのは!!! 3.涙のアドレス 赤ん坊を抱きしめた交差点のまん中で立ち尽くしし... Read More